美顔器でしみは消える?!

しみの原因はメラニン色素です。メラニン色素は紫外線を浴びると増加します。紫外線は地球上のどこにいても存在しており、家の中にいても、ガラスを通過してくる紫外線も存在します。一般的に紫外線は、6月~8月の夏、そして1日のうちでは10時~2時が最も強いといわれ、曇りの日も、もちろん冬の季節も紫外線は存在します。なので、毎日のUVケアはとても重要だと言えます。

シミが出来る一番の原因は、紫外線です。なのでシミが出来ないようにするにはあまり日に当たらないようにするということです。でもそういうわけには行かないですよね。お買い物やお出かけの際などは紫外線を浴びてしまい避けたくても避けれませんよね。では、紫外線によるシミはいったいどのように消すことが出来るのでしょう?

ターンオーバーが整っているとメラニンは必ず排出されます

皮膚のターンオーバーが整っていれば、古いメラニン色素がしみとなって肌に現れる前によごれと同じように排出されます。
ところが新陳代謝が低下すると、皮膚のターンオーバーはうまくいかなくなり、新しい細胞が生まれず、古いメラニン色素が体外に排出されにくくなり、しみとなって肌に現れてしまうのです。

つまり、シミが出来やすい環境はターンオーバーが整っていない状態だと言えます。

このターンオーバーを整えるには、ストレスや過労、寝不足など不規則な生活を避け、新陳代謝を低下させないことです。
また、夜10時~朝2時の間は新陳代謝が活発に行われると言われています。
古い細胞が新しく生まれ変わるためにも、この時間にしっかりと睡眠をとりましょう。また、たばこも健康に悪いというだけでなく、肌にも悪影響を及ぼす事知ってますか?
たばこは、しみ予防に効果のあるビタミンCを破壊します。

たばこを吸うたびにビタミンCが破壊されているのでは、せっかくの美白効果が激減します。いくらビタミンCを摂っても無駄になってしまいますので、とても残念なことなのです。

美顔器ケアーはターンオーバーを整えます

超音波美顔器でも、イオン導入器でも、レーザーでも遠赤外線でもLED美顔器でもイオンスチームでも、正しく美顔器使えば肌のターンオーバーを整える効果は必ずあります。そしてターンオーバーが整えば、しみの原因となるメラニンは必ず排出されます。
これから出来るしみ予備軍が、しみとなって皮膚の表面に出てくる前に、きちんと排出させられる事が出来ます。
残念ながらしみになってしまったメラニンを徐々に薄くする事も出来るのです。

超音波美顔器であれば、ミクロの振動を与えることで肌が温まり、肌が活性化されて新陳代謝が活発になります。イオン導入器であれば、肌のバリアー機能を超えて、微弱な電力で美白成分を染み込ませ、化粧水の浸透を高めます。肌が潤えば、新陳代謝は活発になり、ターンオーバーも整います。しかも、ビタミンCが入った化粧品をただ塗るよりも、より深くまで美白成分が浸透するのです。

肌の老化のスピードは遅くすることが出来ます

どの美顔器も、出来てしまったシミに対しても、これからのシミ予備軍に対しても、ターンオーバーを整えることで確実に消していく効果はあるのです。。

「美顔器を買おうかな」と思った時が試す時です。迷わずトライする価値はあると思います。
初心者であれば、継続して使えるかどうかを考え、価格の安いものから試してみるのも一つの方法ですし、すでに美顔器を持っているのであれば、これを機にもう一度美顔器ケアを再開してはみるのもいいかもしれません

美顔器を使ってターンオーバーを整え、規則正しく生活すれば、肌の老化のスピードは必ず遅くなり、肌トラブルは肌が持つ自らの力で改善されていきます。このことをアンチエイジングと言います

肌本来の美しさを保つために、是非積極的なケアをしていきましょう。

 

Copyright2008 効果的な美白のために All Rights Reserved.