美顔器を使ったクレンジング

肌の衰えは、しわ、くすみ、乾燥、などさまざまな変化で感じられます。そして、老化現象と言われる肌の症状すべてに対して、「しわ取りクリーム」「くすみ落としローション」「保湿乳液」など、それぞれに対応した化粧品が発売されています。

でも、どんなに高品質の成分が入っている化粧品も、肌に吸収する力がなければ期待できる効果は半減してしまうのです。

クレンジング

乾燥している季節ほど洗顔やクレンジング方法の見直しが必要です。

冬の肌は汗や皮脂の分泌量が減少し、バリアー機能が低下しています。
さらに追い討ちをかけるように乾いた空気が肌の水分を奪い、粉を吹いたり、カサカサ・ゴワゴワの悲しい肌になりがちです。

そんな状態から抜け出すには、水分補給と保湿を徹底的に行うことです。そのために一番大切なのがクレンジング・洗顔のステップです。もちろん、クレンジングオイルやジェル選び、洗顔石鹸選びも重要ですが、その方法に今回は注目してみましょう。

まず吸い込む肌の力を取り戻しましょう

乾燥状態の肌は、潤いを与えても吸収する力が弱まっています。そんな状態では、どんなにうるおいを与えても、肌の乾燥を満たすことは出来ず、美容液やクリームの浸透力は更に弱くなってしまいます。まずは受け入れ態勢が整った肌状態へと回復させることを考えましょう。
乾燥している時期こそ、再度見直さなければいけないお手入れがクレンジングなのです。

うるおい不足で固くなっている肌の角質層は、毛穴などに詰っている皮脂やメイク汚れが非常に取れにくい状態になっています。そのまま放置すると、細菌の繁殖による吹き出物やシワなどの肌のトラブルの原因になります。夏の肌トラブルと違って、汗をかくことの少ないこの時季は、皮脂が固く詰ったままになり、くすみの原因にもなります。
入念なクレンジングで肌をリセットすることはとても重要です。

美顔器を使えば簡単に出来る毛穴の手入れ

美顔器は、豊かな成分を肌に浸透させる導入の効果だけでなく、クレンジング機器としても活躍することを知ってますか?
洗顔や、クレンジングでは落としきれない、皮脂・汚れ・毛穴のつまり・角栓・毛穴の奥につまったファンデーションの微粒子など様々な汚れを、美顔器を使って落とすことが出来るのです。

例えば、イオン導入期の多くには、マイナス電力で、ビタミンC誘導体を肌の奥へと浸透させる効果と、プラスの電力で汚れを吸着させるイオンクレンジングという機能がついています。クレンジング機能には、ふき取りようの化粧水を使用する場合もありますが、通常は水(水道水でも大丈夫)で、その機能を使うことが出来ます。

超音波美顔器では、クレンジングジェルなどを使用しながら、通常の洗顔では落としきれない皮脂、汚れ、毛穴のつまり、角栓などを、ミクロの超音波振動を利用して乳化させ、浮き上がらせて取除くことが出来るのです。
つまり、美顔器をクレンジング機器として使用すると、肌の毛穴の奥の汚れまでスッキリお掃除が出来るのです。

正しいクレンジングでうるおいを取り戻した肌は、化粧水や保湿成分の浸透がよくなり、その効果を無駄なく取り入れ、肌の老化改善へと導きます。

美肌作りの基本ケアは まず「落とす」→「与える」です。まずは落とすケアからしっかり始めてみましょう。

Copyright2008 効果的な美白のために All Rights Reserved.