美顔器の正しい選び方

最近、美顔器は機能面にしても、見た目にしても、さまざまなものが溢れています。それは会社作りも同様です。
見た目はよくても機能と効果はほとんどないものが多いのも事実です。
高い金額を払うわけですから高機能で効果的で故障が少ないものがほしいのは当然なことです。
しかし雑誌広告、TV通信販売、インターネット等での情報では一方的な宣伝にはまりがちでどれが良い商品か判断が難しいのも事実です。色々な美顔器の中で自分の目的に合う正しい美顔器を選びましょう!
ここでは、正しい美顔器の選び方についてご紹介します。

超音波は高ければ高いほど良いとう事ではありません。高すぎるとお肌の奥の組織を破壊してしまうおそれがあるといわれています。

1MHzが最も安全で効果的!!

超音波は1MHzの方がより安全で効果的です。
原産国・メーカー・実験有無等をチェックし故障が少ないものを選びましょう。

家庭用の超音波美顔器は1MHz(1秒間に100万回の振動)が最も安全で効果的です。
最近は3MHzや5MHzの美顔器も販売されておりますが、超音波はたかければ高いほど良いということではありません。高すぎると、お肌の奥の組織を破壊してしまう恐れがあると考えらています。

また、最近3MHzや5MHzの製品はコラーゲンも導入(浸透)できると宣伝していますが、肌の構造を知らない発言だと言えます。
分子構造が大きいコラーゲンは、どんな超音波を使っても肌の表皮にとどまるだけで、真皮層までは届かないの事実です。
3MHzや5MHzのそして1MHzの超音波端子(部品)は形も構造も部品価格も全く同じです。勿論どちらが技術が高い訳でもありません。

故障率が30%を超え、安い部品が使われており効果がほとんどない製品が沢山売れているのが現実です。

信頼出来る実験データがあるかチェック!!

イオンと超音波が同時に作動するのか(美顔器の種類)を確認しましょう。

家庭用美顔器には主にイオン導入美顔器、超音波美顔器、イオン導入と超音波複合美顔器があります。
その中でイオン導入と超音波複合美顔器はイオン導入と超音波の切り替えができるもの、また、同時作動ができる機種もあります。
しかし電極と波形の組み合わせが技術的に難しいため、超音波とイオン導入の同時作動ができる機種は今現在本当に少ないです。
イオン導入モードと超音波の同時作動や段階別ケアのモードがあるものはなく、単なる切り替え式か又はイオン導出モードに超音波が付いているものが多いです。

イオンと超音波を同時に作動させ、相乗効果がでるようにするためにはイオンと超音波の波形の最適な組み合わせを探す繰り返しの実験が必要です。 研究をせずに、超音波とイオンをただ結合するだけでは超音波やイオンの単独モードよりも導入効果が無いのが事実です。

購入の際には、信頼できる機関での実験を行い、イオンと超音波の同時作動による相乗効果の実験データがあるかどうかをご確認をし、実験機関名と実験者の名前、その実験者が作成した実験データをお求めください

導入できる成分・出来ない成分

導入時併用する抗酸化成分は何かまたそのほかの付属化粧品の効果と経済面もチェック

美顔器だけではその効果を十分に発揮できません。
導入に適した有効成分の化粧品を選び、それをより多く安定的に肌の深部まで浸透させることが大事です。

たいていの美顔器には併用して使う化粧品が付いていますが品質(成分、濃度、新鮮さ)と効果、安全性また量も確認し、別購入する時の経済面も考えて、選びましょう。
現在病院などで導入に良く使われている有効成分は粉のビタミンC誘導体(安定持続型プロビタミンC)ですので、それを選択すれば間違いないでしょう。

現在市販されている美顔器の殆どは、導入用誘導体としてアンプル(ローション)タイプを使っていますが、アンプル(ローション)タイプには防腐剤が含まれているのが普通で導入用には望ましくないのが事実です。
又 リン酸アスコルビル3Na or Mg(安定持続型プロビタミンC)は、水に溶解しても長い時間酸化(破壊)されないですが、アンプル(ローション)タイプの場合、数ヶ月以上が経過すると酸化され、効果が落ちるのが事実です。

トラブルが少ない商品を選びましょう!

コードレス(充電式)・「リチウムイオン」バッテリー・「チタン」ヘッドを確認してください。

コードを電源につなげて使うタイプよりコードレス(充電式)美顔器が旅行や出張でも本体だけを簡単に携帯することができ便利です。
もっと追求するなら充電バッテリーの種類と特徴を確認し、トラブルが少なく寿命が長持ちする商品を選ぶことが大事です。
購入の際にはバッテリーの種類を確認するのも重要でしょう。「リチウムイオン」バッテリーは携帯電話にも使用されており、故障が少なくつぎたし充電もできる現在一番安定したバッテリーです。
充電式でないコードを電源につなげて使うタイプは内蔵充電バッテリーがないため部品代が安く、商品もかなり安いのが当然です。
「リチウムイオン」バッテリー以外の内蔵充電バッテリーは寿命が短く故障が多いのが事実です。
内蔵電池が「リチウムイオン」バッテリーかをご確認しましょう。
また、顔に当てる金属部分の材質を確認し、金属アレルギーの起きにくい、安心してお使いいただける「チタン」ヘッドかも確認をしましょう。
Copyright2008 効果的な美白のために All Rights Reserved.