美顔器で美白

エステなど高級な場所にいかなくても、もっと手軽に美肌を手に入れたいという女性のニーズを反映してか、最近、巷にはいろいろな美顔器が出回っています。
その種類は数えきれない程で、価格的にもプロ使用のものから1万円をきる手頃なものまでさまざまです。

美顔器の種類

美顔器の種類には、大きくわけて電気を通すものと、ローラー式でゲルマニウムやセラミックなどの効果を肌へ浸透させるタイプのものがあり、更に電気タイプは「超音波」「スチーム式」「イオン導入」などに分けられます。

「超音波」は超音波をお肌に当ててパッティングをする効果があり、お肌の細胞を振動させ、血液循環や体液循環をよくして、お肌を活性化させます。新陳代謝が活発になるので、筋肉が刺激され皮下脂肪が燃焼されやすくなります。

リフトアップ、くすみ解消、毛穴の引き締め、毛穴の洗浄などに効果があります。


「スチーム式」は直径が数百ナノメートルの細かい粒子でできた水蒸気を放出し、毛穴の内部に水分を浸透させて、肌の乾燥をケアします。
水蒸気の中に水素イオンを含むものは、クレンジング効果を高める働きもあります。基本的に乾燥が気になる方向けの保湿がメインの美顔器です。


「イオン導入」は美白・シミに効果があり、ミクロの振動(高周波帯域)によって細胞の新陳代謝に働きかけ活発にします。
イオン導入では美容液をイオン化させて、プラス・マイナスのイオンにして体内に微電流を流すして真皮層まで有効成分を導入させお肌を綺麗に保つ為にビタミンCなどの成分を直接お肌へと吸収させることが目的です。
さらに超音波の美顔器によって手では届かないところへと導入することが可能ですので、美白を目指す方にはピッタリな美顔器ですが、緒に使用する化粧品によって効果が大きく異なってきます。


美顔器を使用する際の化粧品について

さて、美白をするには最適なイオン導入タイプの美顔器ですが、一緒に使用する化粧品はどのようなものを選んだら良いのか分らない方は少なくないと思います。
イオン導入の仕組みは、皮膚に微弱な電流を流すことで、水溶性の薬物を皮膚内に効果的に導入する方法です。
それにより水に溶けるとマイナスに帯電するイオン(ビタミンC誘導体など)が、皮膚に当てたマイナスの電極からの反発力によって顔の皮膚の奥へと浸透していきます。

イコール、あまりよくない成分(パラベン等の防腐剤や環境ホルモンの疑いのある成分)を配合した化粧品を使用した場合、その悪い成分までもが肌の奥へと浸透してしまう事になりますので、できるだけ無添加の化粧品を使用するのが好ましいでしょう。

通常、イオン導入をする際には「ビタミンC誘導体」という成分を含んだ美容液を使うのが一般的ですが、ビタミンC誘導体は大きく分けて、グルコシド(糖、アスコルビルグルコシド)型とリン酸型の2種類があって、イオン導入できるのはリン酸型となります。

ビタミンC誘導体化粧品の6割が実はグルコシド型となり、イオン導入には使えません。
グルコシド型はリン酸型に比べて安定性がよく、生薬の相性ともよく、何より安いので医薬部外品や化粧品に使われています。また、アスコルビン酸もイオン導入には使えません。

美顔器を使用する際にはどの化粧品でも使える??

基本的に、普段使っている化粧品を使用しても問題はありません。
ただ、化粧品を販売しているメーカーの美顔器の場合は、大抵その美容液を肌に浸透させるのに最適な電圧に調整されている場合が多く、できれば同じメーカーもしくは推奨している化粧品を使用することをお奨めします。

Copyright2008 効果的な美白のために All Rights Reserved.